ホーム > 士業

士業:記事一覧

帰化申請の費用を節約するって?

(公開: 2014年10月18日)

帰化申請をする際の費用を少しでも安く上げようとする友人がいて、正直、びっくりしました。お金というのは、人それぞれの価値観が色濃く出るもので、それはそれで納得のいくことではありますが、帰化申請というのは、ほとんど失敗が許されない、自分の人生をかけた選択であるにもかかわらず、スーパーで買い物をするかのよ…

経営・管理ビザで、従来ビザと取得していた人の扱いは?

(公開: 2014年10月18日)

入管法が改正されて、投資経営ビザが、経営管理ビザになったというけれど、実際には、ボクの会社を経営している外国人の彼女のビザにどのような影響が出るのかちょっぴり心配ではあります。まあ、おそらく、私の信頼する行政書士さんの話では、従来よりも経営管理ビザの範囲が広がる改正になるはずなので、これまで投資経営…

高度専門職ビザは、実質的に何が変わるの?

(公開: 2014年10月18日)

高度専門職ビザというものが新たに作られるそうですが、実際のところはどうなのでしょう? すでに高度人材については、在留資格特定活動で対処してきて、ポイント制などで対応してきたわけですが、それをそのままでただ単に与えられるビザが在留資格「高度専門職」になるだけだったら、申請側にはあまりメリットが拡充した…

技術・人文知識・国際業務ビザって名前が長い(笑)

(公開: 2014年10月18日)

技術・人文知識・国際業務ビザというのは、この度新設される、というか、従来のビザの区分が取り払われるわりと大きな有意義な改正とも言えるでしょうが、名前がながいよな(笑)。たぶん、法改正を担当する法務省の本省の入国管理局の方が、よいネーミングを考え付かなかったのでしょうけれど、そもそも、人文知識・国際業…

農業生産法人の許可と建設業許可

(公開: 2014年10月14日)

ボクの家系は代々大工だったので、つまりは建設業ということなのですが、じいちゃん頃から、大きな案件を受注するためには建設業許可をとらなければならないということになり、うちの会社も取得しています。 母方の家系は代々農家なので、こちらはこちらで農業生産法人の許可が必要なわけで、そういう意味では、随分昔に規…

配偶者ビザが最後の難所

(公開: 2014年10月 1日)

配偶者ビザというのは、国際結婚手続きの中でも最も緊張する手続きなのです。なぜなら、失敗が許されないから! 国際結婚手続きというのは、単に結婚するだけだったら、婚姻届を提出するだけなので、まあ、簡単なわけですよ。でも、配偶者ビザというのは、入管というお役所の役人が許可してくれないといけない、しかも、フ…

事業協同組合の設立を、異業種で成功させました!!

(公開: 2014年10月 1日)

事業協同組合の設立を長いこと準備していましたが、異業種の組合でなおかつ他県にまたがるということで、本当に準備が難航してしまい、迷走に次ぐ迷走をしてしまいましたが、この度、優秀な行政書士さんにお願いして、スパッと決まりました。こんなことなら最初から事業協同組合の事業選定からかれにお願いすべきだったと、…

仮放免許可が簡単と思って失敗・・・

(公開: 2014年10月 1日)

在留特別許可を待っている友人のために、仮放免許可を申請しましたが、はじめから行政書士を雇うべきだったと激しく後悔しています。在留特別許可を待つ間、外へ出るだけのことと考えていた私は、安易に仮放免許可を身元保証人として申請しましたが、理由書の書き方がダメダメだったらしく、あえなく撃沈!さんざん不許可に…

帰化申請がしたいというけれど

(公開: 2014年10月 1日)

日本人と結婚してもう帰化申請がしたいと言う話を聞いて、少し驚きました。結婚したら、まず、日本人の配偶者のビザの心配をすべきなのに、それをジャンプして、帰化申請の話を熱心に友人としているアフリカ某国のお嫁さんでしたが、まあ、だんなさんがすでに永住者ですので、不可能でもないですが。ボクの場合は、行政書士…

興行ビザが取れなかったあの人

(公開: 2014年10月 1日)

以前、来日公演のチケットを買って楽しみにしていたら、アーティストのビザが下りずに公演中止になってしまった事がありました。そのビザとは興行ビザの事で、日本で外国人が芸能活動をする際には必ず必要なビザです。どのような理由で興行ビザを取得できなかったのかは主催者側でないとわかりませんが、来日公演がキャンセ…